F.S.C.(Funabashi Soccer Club)Official Site 掲示板


[トップに戻る] [管理者画面]

お名前 :
メールアドレス :
タイトル :
本文 :
文字色 :
削除パスワード :
 
文字認証: captcha
文字の入力:


[695] iphoneケースブランド激安 お名前:ブランド品専門店  2018-02-14 11:19:51 
セカンドユニークネーム iphoneX 8 8plusケース ブランド 通販
http://636653.xobor.com/t607135f2-iphone.html
シュプリーム iphone8 8plus ブランドケース ペア用 専門店
http://hihikaba.40777.n8.nabble.com/20-iphone-td3.html
ヴィトン iphoneX 8 8plus手帳型ケース
http://mblg.tv/evahi/entry/2/
http://hihikaba.diarynote.jp/201802111747078780/



[694] バッグコピー お名前:ルイヴィトンバッグ  2018-02-07 23:17:52 
高品質で高感度なスーパーコピーバッグをお手頃な価格で提供しています。
http://www.mydesignin.com

ルイヴィトンバッグ
http://www.mydesignin.com/c/v
エルメスバッグ
http://www.mydesignin.com/c/h



[693] pay for essay writi お名前:Josephpaf  2018-01-30 09:51:00 
<a href="http://omahacomputerrepair.biz/popular-personal-statement-writer-website-us">Popular personal statement writer website us</a> level 2 qualification in youth work <a href=http://lincolnwebdesignpros.com/professional-masters-essay-proofreading-sites-united-kingdom>Professional masters essay proofreading sites united kingdom</a> essay format example for scholarships classical civilisation gcse online
<a href="http://lincolnwebdesignpros.com/professional-analysis-essay-editor-websites-toronto">Professional analysis essay editor websites toronto</a> writing dissertations pdf <a href=http://omahacomputerrepair.biz/best-argumentative-essay-editor-websites-gb>Best argumentative essay editor websites gb</a> cie igcse ict as ict coursework aqa
<a href=http://omahacomputerrepair.biz/best-blog-ghostwriters-sites-toronto>Best blog ghostwriters sites toronto</a> college paper writing guidelines <a href="http://lincolnwebdesignpros.com/popular-movie-review-writers-for-hire-unit



[692] グッチコピーバックパック お名前:グッチコピー  2017-12-06 21:46:23 
大容量グッチスーパーコピーバックパックを豊富に取り揃える通販サイトです
https://www.gubestin.com/category/backpack



[72] 業務連絡用掲示板のご案内 お名前:三宅  2012-11-26 22:49:09 
お疲れ様です。三宅です。
F.S.C.業務連絡用掲示板のご案内をいたします。

■業務用掲示板URL
http://www.funasho-sc.org/cgi-bin/bbs/index.reg?data=bbs0004

尚、今まで利用していた本掲示板は、監督/コーチのブログ用とします。

■監督/コーチ用ブログURL(本掲示板)
http://www.funasho-sc.org/cgi-bin/bbs/index.reg?data=bbs0003

よろしくお願いします。



[65] 監督ブログ お名前:監督  2012-09-11 15:43:48 
『もうお前達には何を言っても無駄。これ以上教える事はない』

日曜日の5年ブロックの2試合目のハーフタイム、疲労に顔を歪める子供達にそう言って突き放した。もちろん、奮起を期待しての言葉ではあるが、指導者の立場からすれば結構な最終兵器だ。換言すれば、後に残る策は少ない。そうで有りながら子供達には余り響いているようにも思われない。ここにチームが抱える二つの大きな課題の根幹が見え隠れする。

私は子供達へのメッセージを大切にしてきた。練習終わりや試合の前後には時間をかけて話をする。
「監督は話が長い」父兄からは揶揄する声があるのも承知しているが、今のところ変えるつもりは無い。
それでは実際に話している内容がどれくらい子供達に伝わっているかと問えば、答えはかなり限定的だろう。一度ご家庭で「今日、監督が長く話してたけど、どんな話してたの?」と聞いてみて貰いたい。10話したうちの1〜2を話せたらその子の理解度はかなり高いと言える。特に聞いたことをストーリーとして話せたらかなり優秀だ。ではなぜ時間をかけて話すのか?子供達は話しを全く理解できていない訳ではない。それを咀嚼し自分の言葉にする過程で大きく減衰してしまうだけなのだ。とりわけキーワード、キーセンテンスとしては頭に残すことができる。そのためには判りやすい言葉と反復が大切だ。

問題は頭で理解したことを行動に移すことが極端に不得手な事だ。話の中では極力対話の形を取り、子供達には名指しで意見を求める。差されるとうつむき、自信なさそうな小さな声で「わかりません」と返事が返って来れば良い方で、多くは黙ったまま下を向き、次の人に指名が移るのをじっと待つ。

一つ目の課題であるこのメンタリティーが子供達の成長に驚くほど悪影響を及ぼしている。このことにコーチや父兄、そして何より選手本人たちが気付かなければならない時期は随分と過ぎてしまったのかもしれない。プレーの中でチャレンジする気持ちが著しく欠けている。とにかく失敗することが嫌なのだ。言うまでもなく失敗こそが成長の礎だ。失敗することの出来ない選手が成長することは極めて難しい。結果、小さくまとまった「子羊の群れ」が今のチームの姿だ。

味方選手との間に転がったボールは黙って譲り合うのが彼らのセオリーだ。難しいシチュエーションのボールも極力誰かにプレーしてもらいたい。チームが失点を喫するよりも自身が失敗をしないことの方がプライオリティーが高い。当然の帰結として多くのチームが今、ウチを追い抜いて行っているのを認識出来ているだろうか?この大会に参加した5年生はもちろん、4年生も本来であれば戦術的な練習に入る時期に差しかかっている。しかし、練習でコーチが発する声はいまだに「声を出せ」なのだから仕方がない。

4年生が昨年、3年の県ブロック予選を勝ち抜き、県大会でも躍進を遂げたところからその立ち位置を随分と下げてしまっている現状をコーチ、父兄、選手が真摯に認識しなければならない。全体的に危機感が足りないと思う。再スタートを切るにも残された時間はあまり多くない。成長に急ブレーキが掛かっている事は夏季ミニサッカーの予選敗退にも象徴される。担当学年コーチからの報告では「4年は強いチームが多い(だから勝てない)」との声もある。強い弱いの判断は自チームあっての相対評価である以上否定はしないが、裏を返せば相手が強いのではなくウチが弱いとの見方もあるということだ。

この半年間、子供達に繰り返し話してきた頭に残すべきキーセンテンスに「試合は練習の延長線上にある」という言葉がある。子供達には難しい表現だがもちろん噛み砕いて説明している。これが課題の二つ目だ。判りやすく言えばもっと公式戦を大切にして欲しい。つまり試合に対する考え方や意識、何よりプロセスがあまりにもお粗末だということだ。ともすると試合とは「練習の対極にあるもので、練習よりもうちょっと頑張るもの」程度の認識なのではないかと勘ぐりたくなってしまう。特に高学年ではひとつの大会に向けチームとして取り組むべきテーマを明確にして数ヶ月単位で取り組む事が先に述べた戦術でありチーム作りのパーツなのだ。

余談ではあるが、我が愚息はF.S.C.在籍時代、全少(6年生県大会)の1ヶ月前からカレンダーに試合日程を書き込み、1週間前からは緊張で眠れない日々を送っていた。当時、人数不足から4年生を出さないと参加できない弱小チームであることが親としては忍びなかったが、納得の1回戦敗退ではあった。

F.S.C.では練習参加を強制していない。今年に入ってグランド事情から正確な出席率の取得が困難になっているが、昨シーズンの5-6年(現6年と中1)は出席率に悩む事は少なかった。今シーズンに入ってからは子供達にも出席率の話をする機会が増えている。今年4月、5年生が市民大会の予選を突破した。準決勝までの練習日は2日間。この最も大切な練習日に1日目は2人、2日目は3人しか参加者がいない。また先日のミニサッカー大会、前週の練習に4年生の参加者は16人中5人しかいない。でありながら両ケースとも試合当日は全員参加になる。どんな事情を加味しても私の常識からはありえないと思う。シーズン半分が過ぎ、4年5年とも全員が練習に揃った日が1日でもあっただろうか?そう考えれば大会に勝った負けた、相手が強い弱い、戦術がどうのこうのという10歩手前のレベルの話だ。

だからと言って練習参加を強制するつもりはない。ただ、試合(大会)に対する準備が不十分であるならば試合はベンチから観るべきものだと思う。昨年のデータでは1年間の全部員の出席率は75.5%であるが対象を試合日だけに限定すれば90%を超え、更に公式戦に限定すれば95%に迫る。練習参加が少なくても試合に出てくれば使ってあげたいと思うのがコーチの心情だろう。ましてやグランドの向こうに応援するご両親の姿が見えればなおさらだ。選手本人に「今日は練習だから行かないけど、明日は試合だから行こう」という判断基準があって、行けば試合に出して貰えるという甘い認識があるならこれはチームにとっては決してプラスにはならない。コーチミーティングでも係る状況では安易に起用すべきではない事を明言している。

日曜日の試合前、子供達には時間をかけて今日の試合の重要性を話した。1ヶ月前、1本のシュートも打てずに完敗した高根東SSS戦後、かなりの時間をかけて話したことをこの1ヶ月ひとつでも意識して練習を取り組めただろうか?今日の試合はこの1ヶ月の練習の延長線上だ。5年生の公式戦は、市が2つ、県が2つの計4つ。今日の試合で4つの内3つが終了する。そして更に今日が最後の大会(東武カップ)の1週間前であることをしっかり認識出来ているだろうか?東武カップが終われば半年間大会はない。この1ヶ月がどれだけ大切かをずっと言い続けてきた。

それでもこの1ヶ月4、5年生が全員揃うことはないどころか散々たる出席率だ。大切なこの日を1週間後に控えた一週前の練習、土日両日を欠席した選手はこの日の3試合の起用を極力避けることを決めていた。そのことは前日の練習でも伝えていたし、当日の試合前にも時間をかけて話している。ただもし、出場機会を得られたなら想いを、また来週からの東武カップへの意気込みをプレーに見せて欲しいと話をした。実際、暑熱下の3試合では他の選手への負担が大き過ぎるため限定的には使わざるを得ない。

たくさんの想いを伝えての試合だったが、結局は譲り合い、自分のエリアに入って来たボール以外は関知しようとしないいつもの超消極的サッカーだ。もう「声を出せ」「点を取られて下向くな」でもないだろう。そして冒頭の捨て台詞へとつながる。そこまで頑ななら労力は打てば響く学年に向けたくもなる。卑屈になっているのは百も承知だ。

少し監督がやりすぎるのかなとも思う。それが返って担当学年コーチの主体性を阻害しているのかも知れない。直近の4年ブロック、東武カップの帯同は控えようかとも思う。担当学年コーチが考え、悩み、話し合って前に進むことが必要だと思うからだ。しかしながら15日の4年ブロック予選、4年コーチの出席者はいない。大役を3年コーチに任せるわけにもいかない。今、求められているのは技術や戦術の体得ではなく、意識という初歩の課題だ。この課題に一番効果を発揮できるのは何あろう各ご家庭に他ならないのだ。苦言を呈するならば、ウチのチームには他人任せの風潮が否定できない。父兄の意識の高いチームは通常の練習であっても見学者は多い。全家庭でほんの少し意識が変われば大きな一歩が踏み出せると思う。

ボランティアチームでは良い意味で全てのステークホルダーに参画の余地が与えられている。問われているのは全員の参画意識というボランティアチームとしてのチーム力だ。





[1] [2] [3] [4] [5] [6] 進む->